間違わないペット保険の選び方

ペット保険を選ぶ時は保障タイプにも注目したい!

ペット保険には、定率補償型と実費補償型の2つの種類があるんです。どちらのタイプかによって、補償のされ方が変わってくるので選ぶ時にはここにも注目しておきたい所です。
まず定率補償型ですが、掛かった治療費に対して一定の比率で補償が受けられるというタイプです。契約する時に50%のプランや70%のプランを選ぶのですが、このパーセンテージで支払われる金額が変わってくるんです。例えば治療費に1万円掛かった場合、50%プランなら5000円の補償が受けられるといった具合ですね。
一方実費補償型というのは、限度額内であれば掛かった治療費全額を補償してくれるという物です。治療費が1万円掛かった場合、限度額が5000円なら5000円しか支払われませんし、限度額が1万円なら全額補償してもらえます。
定率補償型は治療費が高額になった場合でも、決まった割合でお金が受け取れるというのがメリットです。一方実費補償型の場合、限度額ないなら治療費の負担を0にできるというのがメリットですね。どちらにもメリットがあるので、自分にはどちらが合っているかを考えて選ぶようにしましょう。

補償内容を見る時は特約にも注目!

ペット保険というのは、メインの補償以外に特約がついている場合があります。これは足りないと感じた補償を、別にオプションでつけられるサービスですね。メインの補償だけでは足りない場合、より充実した補償を受けたい場合には特約をつけるようにすれば安心です。
特約には色々あって、癌になった時に入院費などを補償してくれる物、ペットに障害が出てしまった時に、補助器の購入費用を負担してくれる物など様々です。これらは人によって必要かどうかは変わってくるので、どこまで補償を求めるか事前にはっきりさせておくと良いですね。特約をつけると保険料も上がるので、闇雲につければ良いというわけではありません。必要な物だけをピックアップする事で、保険料の節約にも繋がりますよ。

© Copyright Pet Education Resources. All Rights Reserved.