ペットの命は誰が守る?

動物病院は自由診療という現実

ペット保険が必要か考えている人の多くは、動物病院の診療費が高いことに気がついています。人向けの病院とは異なり、動物病院ごとに診療報酬を自由に設定出来る特徴があるので、ペットを動物病院に連れて行く際には費用がいくらかかるのか不安に思う人も多いでしょう。
自由診療だからこそ、ペット保険を掛けておけば自己負担額が少なく済みます。中でもかかりつけの動物病院で対応しているペット保険を選べば、窓口で支払う金額は自己負担分のみで良いとするケースが多いです。ペットの病気が重症化する前に、気軽に動物病院へ連れて行ける環境を整えることで、トータルの診療費負担を軽減することが出来ます。ペットを長生きさせるためにも、動物病院へ手軽に連れて行ける環境を整えておくと良いでしょう。

手術一時金だけでなく日頃の通院が大切です

ペットの飼育環境は、エサとして良質な製品が増えたことにより、特に犬と猫の平均寿命が伸びています。ペット保険では、日頃の通院頻度に合わせて保障割合が50%や70%など自由に選択出来るように工夫された商品が販売されているのです。医療保険だけでなく、第三者にケガをさせてしまった場合の損害賠償責任保険が付帯されているものが多いので、ペット保険を掛けておくと安心です。
ペット保険では、日頃の診療費に対する保障だけでなく、手術一時金についても上限や使用回数の制限はあるものの、保険商品ごとに設定されています。手術費用は高額になりやすいので、手術一時金を確保したいと考える飼い主が多く見受けられます。しかし、日頃の通院時にしっかりと症状を伝えておけば、重症化を防げるのでペット保険を有効活用すると良いでしょう。

© Copyright Pet Education Resources. All Rights Reserved.