ペット保険でできること、できないこと

ペット保険の約款は詳細に書かれています

ペット保険の適用範囲には、動物の種類を犬や猫に限定しているものや、鳥や爬虫類にまで及ぶものまで様々です。自分のペットが適用対象となるのかを最初に確認する必要があるでしょう。特に手術や入院に特化しているペット保険へ加入する場合には、通院が免責条項に入っていて保障対象とならない場合があるので要注意です。
通院まで保障しているペット保険ならば、動物病院に駆け込んだ原因となる多くの病気やケガに対応しています。しかし、保障内容の原資は保険料のみとなるので、人間用の健康保険とは異なり税金による補填は入りません。既往症についても保障内容に含まれるかなど、事前に約款を細かくチェックして納得した上で加入する必要があります。

病気やケガ以外は保障されません

ペット保険では、病気やケガ以外は保険による保障内容に含まれません。ワクチン接種や健康診断、不妊手術など病気ではないにも関わらず通院するケースでは、保障対象外となっている点に注意が必要です。見落としがちな事項として、ワクチン接種で予防できる病気については、保険適用外となっていますが、ペット保険に加入している人でも適用出来ないことを知らない人もいます。
小型犬に多く見られる膝蓋骨脱臼と椎間板ヘルニアについては、犬種特有のものとして保険適用外となっている商品があります。具体的な免責条項の確認を怠らないようにしなければ、思わぬ治療費が請求されてしまうので気を付けなければなりません。健康診断次第では、最初からペット保険加入を断られるケースもあるので、事前確認が必要です。

© Copyright Pet Education Resources. All Rights Reserved.